介護福祉士と介護職員初任者研修の違いについて

イメージ

介護福祉士と介護職員初任者研修の大きな違いとして挙げられるのは

 

介護福祉士・・・・国家資格
介護職員初任者研修・・・・都道府県の認定資格

 

です。

 

さらに
介護職人初任者研修は未経験の方でも取得できるのに対して、介護福祉士に関しては実務経験3年以上、さらに実務者研修の資格を持っていなくてはなりません。この二つをクリアすることによって、国家試験を受ける権利を得ることができるわけです。

 

補足ですが、介護福祉士になるためには介護職員初任者研修の資格は必須ではありません。実務者研修だけでOKです。この資格は未経験の方でもとることができます。

 

介護福祉士のほうが介護のおける上級資格の位置づけになりますね。

 

介護福祉士ってどんな仕事??

イメージ

簡単に言うと、専門的な知識や技術をを持った介護におけるスペシャリストになります。
介護福祉士になると介護を必要とする方の介助、そして介護をしている人に対しての指導さらには医療関係機関との連携も場合によっては取ります。

 

通常の介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)などと違い、現場でのリーダー的役割、サービス提供責任者、生活相談員等いろいろな仕事に従事することができ、給与面でもかなり有利となります。

 

その上の資格「ケアマネージャー」になりたいと思った場合、その試験で介護部門の免除が受けられます。

 

 


更新履歴